ミスターポーゴの死因は何?本名やこれまでの経歴が気になる!

Sponsored Links

どうも。

今日も今日とて空いた時間を見つけては

スマフォでネットサーフィンを楽しむ

投稿主です。

芸能ゴシップや心が和むアニマル系‥等

ジャンルを限定せず読み漁っていたら、

少し気になるものを発見。

それは

「ミスター・ポーゴさんが亡くなった」

というニュース。

正直、初めて聞いた名前ですが

「悪役レスラー」と記載があるので

「プロレスラー」として活躍をされていた方と

いうことはなんとなく分かります。

訃報がきっかけで興味を持つというと

少し語弊がありますが、今回はお亡くなりに

なったミスター・ポーゴさんについて

調べてみたいと思います。

私が気になったのはこの2点。

①ミスター・ポーゴさんの経歴

(現役時代どんな活躍をされていたのか)

②亡くなった理由(死因)

それでは、どうぞご覧ください。

Sponsored Links

◆ミスター・ポーゴさんについて

先ずはミスター・ポーゴさんのプロフィールや

経歴を見てみましょう。

本名:関川 哲夫 (せきかわ てつお)

リングネーム:ミスター・ポーゴ

ニックネーム:極悪大王

生年月日:1951年2月5日

没年月日:2017年6月23日 満66歳

身長/体重:185㎝/130㎏

出身地:群馬県伊勢崎市

リングネームについてですが、

ミスター・ポーゴ以外にも複数お持ちだったようです。

(下記参照)

・ザ・グレート・ポーゴ

・ポーゴ大王

・大ポーゴ大王

・ミスター・セキ

しかし、なぜ「ポーゴ」??

と不思議に思い名前の由来を

調べてみたところ、こんなエピソードを発見!!

リングネームは、本名の一部から『ミスター・セキ』(Mr.SEKI)

のちに、日系レスラーの大先輩であるグレート東郷にあやかり、

『ミスター・トーゴー』(Mr.TOGOに改名した。

しかし実際には対戦表に『ミスター・ポーゴ』(Mr.POGO)

誤記されてしまう。

プロモーターのテリー・ファンクに、

これが誤記である旨抗議したが「俺がこの名に命名した」と

押し切られてこのまま「ポーゴ」の名を用いるようになった。

(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%B4より引用)

まさかの誤記だったとは・・・(苦笑)

色々考えて改名したのに誤記のまま

押し切られるって、「おいおい(汗)」って

感じですね(^_^;)

続いて、ミスター・ポーゴさんの経歴ですが

プロレスラーとしてデビューをされてからのものを

まとめてみました。

1972年3月20日

足立体育館の藤波辰巳戦でデビュー

翌1973年

ロッキー青木に憧れ、渡米。

喧嘩風ショーマン・スタイルを習得し、

海外で活躍。

当時のリングネームは「ミスター・セキ」

1986年

ケンドー・ナガサキとのコンビで

IWGPタッグ王座に挑戦。

1988年

ブルーザー・ブロディ刺殺事件以降、

興行数が激減。

日本に戻り、プラスチック成形工場で働く。

1990年

大仁田厚が起ち上げた新興団体FMWに

誘われ国内復帰。

翌1991年

FMWから分裂してできたW★INGに移籍。

若手を率いて過激なデスマッチ路線を推進。

1993年

W★INGを単身離脱。FMWに戻り

ヒール殺法に磨きをかける。

1996年

膝の悪化を理由に引退宣言。

しかし、翌年にカムバック(-w-;)

2000年

地域密着型プロレスWWSを旗揚げ。

2003年

故郷の伊勢崎市議会議員選挙に

立候補するも落選。

2008年

自身の生い立ちからプロレスラーとなった

経緯を詳細に記した自叙伝を刊行。

2009年

選手活動を本格化。

現役プロレスラーとして完全復帰を果たす。

◆亡くなった経緯

亡くなった経緯ですが、ミスター・ポーゴさんの

関係者がこのように話をされています。

腰の手術を行っている最中に、血圧が低下し、

脳梗塞を発症した。

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000101-sph-fightより引用)

長く患っていた病気が原因ではなく

手術中の急な体調変化・・・

ご家族や親しい方々にとっても

ミスター・ポーゴさんの訃報は

本当に突然のことだったんでしょうね(´・_・‘)

◆まとめ

・ミスター・ポーゴさんの死因は

 手術中の急な体調の変化。

以上がミスター・ポーゴさんについて

調べた内容です。

プロレスラーとして長く活躍された

ミスター・ポーゴさんの安らかなご冥福を

お祈りいたします。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする