五十嵐カノアはハーフ?経歴や彼女や家族のことが気になる!

Sponsored Links

どうも~

今日の夕方の情報番組でちょっと気になる人を

みつけた投稿主です(^ω^)

それは誰かというと

2020年新種目として追加されたサーフィンで

注目されている五十嵐カノアという選手!

片手間で聴いてたのでちゃんと特集を観ていたわけじゃないんですけど

サーファーとしての実力はもちろんのこと

数か国の言語を話せたり・・・と何やらスペックの高そうな方とのこと(^w^)b

そんな情報を聴きつつ幾つか気になったコトがあるのですw

それは

五十嵐カノアという方はハーフなのかどうか?

(単純に名前の響きだけで判断する投稿主w)

もしハーフだったとしてご両親はどこの国の方なのか?

最後に彼女はいるのか?

ということ。

気になったことをほったらかすのも

アレなので早速調べてみようと思います~( ^ω^)ノ

好奇心で動く我がブログww

写真を見た感じ、めっちゃ日本人ぽいな(^_^*)

やだ。出落ち??笑

Sponsored Links

◆五十嵐カノアさんがハーフなのかどうか!!

名前:五十嵐 カノア (いがらし かのあ)

生年月日:1997年10月1日

身長:180㎝

出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア

国籍:日本とアメリカの二重国籍

家族:父(勉)、母(美和子)、弟(キアヌ)

言語:日本語、英語、ポルトガル語、スペイン語、フランス語

ご両親の名前からすると

どうやらハーフではなさそうだw

でも、国籍は二重国籍なんですね~

なんでだろ??

国籍については経歴のところで触れていこうと思います(^ω^)

というか5か国もの言語を操れるなんて・・・

トライリンガルどころじゃないんですねw

◆彼女の存在について

彼女の存在について調べてみたけど

ネットで見つける事はできませんでした~

ただ、まぁモテそうですよね・・・笑

◆経歴について

まず、経歴の前に国籍について触れておこうと思います(^ω^)

五十嵐選手のご両親ですが、なんとこのお二人

元プロサーファーとのこと!!

そして、このお二人の夢が

「息子を世界一のプロサーファーにしたい」というもので

それを実現するために拠点をアメリカに移したんだとか。

故に五十嵐選手はアメリカ生まれ、アメリカ育ちなんですね~

さてさて、そんなご両親の英才教育を受けた五十嵐選手の経歴ですが

ざっとこんな感じ~

主な戦歴
1997年 10月にサンタモニカで誕生
2000年 三歳の誕生日に初のサーフィン
2004年 サーフィンコンテスト初出場初優勝
2007年 最年少9歳でUSAサーフTEAMに入る
2009年 トム・カレンが持つNSSA年間最多優回数勝記録を破る
2011年 クイックシルバーと契約
2011年 「ボルコム世界選手権」ボーイズクラス12歳で世界チャンピオンに
2012年 「グロムサーチ」全米ナショナルチャンピオンシップで優勝
2012年 14歳で「USA Championship U-18」最年少記録優勝
2014年 ASP「ShoeCity Pro2014」HunFngtonBeach」優勝
2015年 2/11WSL「ハーレー・オーストラリアン・オープン」プロ・ジュニア優勝
2015年 6/13WSLメキシコ「Los CABOSオープン」プロ ジュニア優勝
2015年 8/24WSLQS3000「バージニアビーチ「VansPro」優勝
2015年 11/1WSL QS6000「ブラジルマハロ・サーフ・エーコ・フェスティバル」優勝

(五十嵐カノア来日。インタースタイル会場にてサイン会が開催より引用)

2020年に開催予定の東京オリンピックについては

「日本代表としてオリンピックに出場したい」

と語っていたそう。

国籍は日本を選択しての出場を意識しているんですね~

なんか嬉しいww

(二重国籍に関する点をもぅ少し触れようと思ったんですが

なんか難しそうなのでパスさせてくださいorz)

◆まとめ

・五十嵐カノアさんはハーフではない。両親ともに日本人。

・アメリカ生まれ、アメリカ育ち。現在は二重国籍

・東京オリンピックは日本国籍での出場を希望

五十嵐選手の「カノア」って名前

なにか意味があるんだろうか?と調べてみたら

ハワイの言葉で「自由」って意味があるそうな。

なんかいいですね~(^ω^)

※スポーツ関連の記事よかったらどうぞ♪

シグルドソン新監督(ハンドボール)の経歴は?プロフィールや家族が気になる!

(フィギュア)宮原知子の怪我の原因は?今後の影響や入院について調べてみた!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする