加藤清隆の妻や子どもは?経歴/学歴/年収も調べてみた!

炎上

政治評論家・加藤清隆氏が一部の職業を無知であるかのような物言いで現在、炎上をしています。

恥ずかしながら、今回の炎上がなければ氏のことを知らなかった筆者。

本件をきっかけに

「加藤清隆氏はどんな方なんだろう」

と興味を持ってしまいました。

そんなワケで今回は加藤清隆氏に注目!

以下3点について調べてみました。

  • 加藤清隆氏の経歴
  • 加藤清隆氏の年収
  • 加藤清隆氏の妻(嫁)と子ども

それでは、どうぞご覧ください。

※記事の内容は掲載時点のものであり、最新情報とは異なる場合がございます。予めご了承ください。

Sponsored Links

◆加藤清隆プロフィール

加藤清隆
(https://www.instagram.com/p/B_OO1dyDTNm/より引用)

名前:加藤清隆(かとう きよたか)

生年月日:1952年5月18日

年齢:67歳

出身地:長崎県長崎市

SNS:Twitter(@jda1BekUDve1ccx)

加藤清隆氏は長崎出身。

現在、政治評論家および文化人放送局のMCとして活動をされています。

Sponsored Links

◆加藤清隆の経歴および出身大学

ハテナマーク

加藤清隆氏は長崎県立長崎北高等学校を経て、早稲田大学 政治経済学部に進学。

1977年3月に同校卒業後は時事通信社に入社をしています。

以下、加藤清隆氏の経歴をサクッとまとめたものです(^^)

1977年4月:時事通信社 政治部に配属。

1980年:山口支局に転勤し、県政を担当。

1985年:政治部に再移動。自民党竹下派ほか外務省キャップを担当。

1994年:ワシントンD.C特派員として渡米。ホワイトハウス、国防総省を担当。

1997年:帰国後、第2次橋本内閣および小渕内閣の内閣官房キャップを担当。

2000年~2002年:政治部長を歴任。

2006年:静岡総局へ移動し総局長を務める。

2010年:拓殖大学客員教授に就任。

2012年5月:時事通信社を定年退職し、特別解説委員に就任。

2014年9月:特別解説委員を辞任。フリーの政治評論家として活動を開始。

加藤清隆氏が政治部長を務めていた2002年。

氏は同年に行われた日朝首脳会談に同行し、取材を行っています。

日朝首脳会談といえば、私の中で拉致問題や日朝国交正常化などを話し合った歴史的な出来事というイメージ。←かなり大雑把な認識

そんな大舞台に加藤清隆氏はいたんですねー

会談が行われた場所を考えると、緊張とかしなかったのかな?

すごく気になる…(;^ω^)ゴクリ

Sponsored Links

◆加藤清隆の年収

お金

申し分のない経歴をお持ちの加藤清隆氏。

現在もフリーの政治評論家として活躍をされています。

そんな気になる加藤清隆氏の年収ですが、公に公表はされておらず分かりませんでした。

とはいえ、気になる懐事情。

調べたところ、フリーランスで活動する評論家は

  • テレビ番組への出演
  • 講演およびセミナーの依頼
  • 雑誌や新聞への寄稿

といった部分を収入源とし、平均的な収入は450万~670万ほどである…という情報を発見。
(参照:給料BANK)

加藤清隆氏の場合は政治評論家としてのキャリアもとい高い知名度がある分、平均より高いだろうから…

単純に考えても1,000万くらいは普通にいってそうですね。←大雑把

Sponsored Links

◆加藤清隆の妻(嫁)や子どもは?

家族

加藤清隆氏のWikipediaをみると

配偶者 妻

とあり、結婚されていることがわかりました。

が!!

それ以上の情報は皆無で、詳細は分かりませんでした。

子どもに関しても同様です。

プライベートなことは、あまい公にしないタイプなのかもしれませんね。

コチラについては、またわかり次第お伝えします。

Sponsored Links

◆加藤清隆の家族や経歴/学歴まとめ

・加藤清隆氏は結婚しており、妻がいるが情報が少なく子ども含め詳細は不明。

・加藤清隆氏は早稲田大学出身。

・政治記者を経て、現在はフリーの政治評論家として活動。

・年収は知名度・キャリアを加味して1,000万はいってそう(※公表ないため、筆者の推測)

以上、加藤清隆氏に関する情報でした。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

また、別の記事でお会いしましょう。

Sponsored Links

◆ピックアップ関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする