中村哲医師の死因や経歴は?出身大学や功績をまとめてみた!

中村哲1
(https://twitter.com/livedoornews/status/1202135140756934658/photo/1より引用)

Sponsored Links

アフガニスタンで医療支援活動を行っていた日本人医師 中村哲さんが亡くなったことが本日(2019年12月4日)発表されました。

この記事ではペシャワール会現地代表としても活躍された中村哲さんに注目!

・中村哲さんの死因および襲撃犯について

・出身大学や経歴

・これまでの功績

の3点について、調べた内容をお伝えします。

今回の訃報で

「中村哲さんってどんな方だったんだろう?」

と気になった方は、どうぞご覧ください。

※記事の内容は掲載時点のものであり、最新情報と異なる場合がございます。予めご了承ください。

Sponsored Links

◆中村哲医師プロフィール

中村哲2
(https://twitter.com/masurakusuo/status/1202150605373890560より引用)

生年月日:1946年9月15日

没年月日:2019年12月4日(73歳没)

出身地:福岡県北九州市

◆中村哲医師の死因

中村さんは医療支援を行っていたアフガニスタン東部ジャララバードで武装勢力何に襲われ、負傷。

右胸に銃撃を受け、治療を受けていた現地病院で死亡が確認されています。

誰が撃ったのか?

現段階で中村さんほか、同乗者数名を襲撃した犯人について詳細は分かっていません。

また旧支配勢力 タリバンは今回の襲撃について関与していないとコメントをしています。

※詳細わかり次第、随時追記予定

Sponsored Links

◆中村哲医師の出身大学や経歴

中村哲さんの経歴を以下にまとめてみました。

・西南学院中学校、福岡県立福岡高等学校を経て九州大学医学部に入学。

・大学卒業後、国内病院に勤務。

・1984年にはパキスタン北西辺境州の州都ペシャワールに赴任。

20年以上にわたり医療活動に尽力。

・2008年に天皇陛下御在位20年記念式典に列席。

・2010年、総延長25kmの用水路をアフガニスタンに建設。

・2016年、旭日双光章受賞。

・2018年、アフガニスタンでの長年の活動が評価され同国の国家勲章を受章。

中村哲医師の功績

中村さんの数ある功績のなかでも、特に知られているモノをまとめました。

・パキスタンでハンセン病を中心とする医療活動に従事。

・帰還難民問題解決のために総延長25kmの用水路を建設し、水問題を解決。

・地元住民のためにモスク、マドラサを建設。

中村さんが建設した農業用水の用水路は1万6500ヘクタールの畑をよみがえらせたといわれています。

アフガニスタンに住む人々にとって中村さんは特別な存在だったんでしょうね。

それだけに今回の訃報は残念でなりません。

Sponsored Links

◆中村哲医師訃報による世間の反応

ここで挙げているものはほんの一部で、多くの悲しみの声があがっていました。

Sponsored Links

◆中村哲医師の死因や経歴は?出身大学や功績をまとめてみた!のまとめ

お葬式

・中村哲さんの出身大学は九州大学 医学部。

・パキスタンでの医療活動を経て、アフガニスタンで用水路建設・医療活動に従事。

・アフガニスタンでの活動が評価され、2018年に同国の国家勲章を受章。

長年、その土地に住む人々のために尽力された中村さんの訃報を耳にし

「なぜ、こんな素晴らしい方が…」

と驚きと悲しみの気持ちでいっぱいになりました。

中村哲さんが安らかな眠りにつかれますよう、心よりお祈り申し上げます。

Sponsored Links

◆ピックアップ関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする