煉獄杏寿郎の「わっしょい」「よもや」とは?名言も紹介!

◆炎柱・煉獄さんの名言

煉獄杏寿郎1
(https://www.youtube.com/watch?v=hpLluEaD6XIより引用)

ここでは煉獄さんの数ある名言のなかでも特に私が好きなものを紹介したいと思います。

記事冒頭でも書いてますがネタバレあり・ありなので要注意!

まずは上弦の鬼と対峙し、鬼になることを提案された際の煉獄さんの返答。

老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ

老いるからこそ死ぬからこそ

堪らなく愛おしく尊いのだ

(鬼滅の刃コミック8巻より引用)

老いがなく、日に当たらない限りは無限の時を歩むことができる鬼。

ともすれば、魅力的な誘いにも思える言葉に対し人間の美しさ・尊さを語る煉獄さんのカッコよさ・・・

ヤバすぎる(語彙力の喪失)

私が完全に煉獄さんの沼にドボンするきっかけになった言葉です。

俺は俺の責務を全うする!!

ここにいる者は誰も死なせない!!

(鬼滅の刃コミック8巻より引用)

上弦の鬼と戦い、満身創痍となったなかで発した言葉。

「自分が人より強い力を得たのは弱き人を助けるため」

という信念を貫く煉獄さんの意志の強さがよくわかる部分でもあります。

そのほか

己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと心を燃やせ

歯を喰いしばって前を向け

君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってくれない

ともに寄り添って悲しんではくれない

(鬼滅の刃コミック8巻より引用)

上弦の鬼との死闘を終え、炭次郎にかけたこの言葉。

コレは特に刺さりました・・・

実生活のうえで自分自身に対し腹が立ったり悲しくなったりすることってあるじゃないですか。

どうしようもなく、自暴自棄になって

「もぅどうでもいいやー」

って。

ソレに対してのアンサーだと思うんですよね(;’∀’)

なので、物事がうまくいかなくて

「なにもかも投げ出したい!!」

と思ったときは、この言葉を思い出すようにしています。

煉獄さん、あなたってホントすごい人だ・・・

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする