箱根駅伝2018出場校は?優勝候補の大学や注目選手をチェック!(2)

この記事は3分で読めます

 

Sponsored Links

 

きづけば、箱根駅伝まであと37日!!

おぉ40日きった(^ω^)♪♪

と日々、ワクワクが止まらない投稿主です。

 

前回、優勝を狙える三強として神奈川大学、青山学院大学、東海大学を紹介しました。

※前回記事

箱根駅伝2018出場校は?優勝候補の大学や注目選手をチェック!

 

今回はその三強に対抗できる、言い方を変えると優勝を狙える大学・注目選手についてまとめています。

内容は前回同様・・・・ですが、

「こいつ箱根好きなんだなぁ」

という気持ちだけ汲みとっていただけると幸いです(笑)

 

それでは、どうぞご覧ください!

 

Sponsored Links

 

◆注目大学&選手

まず、個人的に推したいのは駒澤大学!(^^)!

去年も最推し!!みたいなこと言ってた気がするけど、仕方がない。

最推しなんだもの・・・(笑)

 

駒澤大学

「前大会、9位だったような・・・」

とか言わないで!w

段々と調子が戻ってきてるんです!

 

8月のユニバーシアード大会のハーフマラソンで3年の片西景選手が金、4年の工藤有生(なおき)選手が銀を獲得。

全日本大学駅伝では2年生、3年生といった中堅どころの活躍もあり4位という成績をおさめています!

この大会をみて、

「選手層に段々と厚みがでてきたのかな( ^ω^)」

と嬉しくなったものです。

 

そんな駒澤大学で注目したいのは3年生の堀合 大輔(ほりあい だいすけ)選手。

私が堀合選手を推す理由は至極単純。

今季全日本大学駅伝(6区区間賞)の走りが記憶に残ったから!!

だって、5区から襷をもらった時点で3位と1分13秒まで離れていた差を19秒まで押し上げたんですよ!!

箱根駅伝を走った経験もあるし、主要区間での起用を期待しちゃいます♪

 

続いての大学は東洋大学!!

服部弾馬(はっとり はずま)選手や口町選手といった力のある上級生が卒業し、

「今年の箱根はどうかな~(^_^;)」

と勝手ながら心配をしていた投稿主。

 

しかし、そんな心配も不要でした♪

 

というのも今季、出雲駅伝は5位(前大会は9位)、全日本大学駅伝では5位(前大会は6位)と着実に順位をあげているから!!

下級生中心のオーダーで経験を積ませるという酒井監督の試み、着実に結果を出してますよね~

実際、酒井監督も手ごたえを感じているようで

「去年より内容がいい」

とインタビューで答えていました。

経験を積み成長した下級生の走りによっては3強崩しも狙えるんじゃないかとみています。

 

そんな東洋大学で注目したい選手はこの方!

全日本大学駅伝1区で区間賞を獲る快走を見せた相澤 晃(あいざわ あきら)選手。

同大会でペースの上げ下げは激しかったものの、最後のラストスパートは見事のひとことでした!

個人的な希望ですが、箱根駅伝では1区または2区を走っていただきたい♪

全日本のような力強い走りでチームに勢いづけて欲しいものです( ^ω^)

 

◆まとめ

第94回箱根駅伝 注目大学は駒澤大学、東洋大学!

各校注目選手は下記の通り!!

駒澤大学:堀合 大輔 (ほりあい だいすけ)選手

東洋大学:相澤 晃 (あいざわ あきら)選手

 

本当はこの2校以外にも注目している大学はあるんです。

早稲田大学、中央学院大学や日本体育大学、順天堂大学‥等

ただ!!

「3強崩し」という点で考えると駒沢と東洋しか思いつきませんでした(^_^)

 

両校の共通点として復調の兆しが見えているっていう点がポイント高いですよね~

東洋大学と駒澤大学、この両校が第94回箱根駅伝でどんな走りをみせてくれるのか。

3強崩しは実現するのか。

色々と楽しみですね~♪♪

 

※箱根駅伝関連記事

箱根駅伝2018出場校は?優勝候補の大学や注目選手をチェック!(1)

相澤晃(東洋大学)の出身高校や彼女は?経歴やプロフィールをチェック!

酒井俊幸(東洋大学)の嫁や家族は?イケメン監督の経歴もチェック!

↑昨年、書いた記事です。今年の酒井監督もやはりイケメン!

きっと、来年もかっこいいぞぉ~( ^ω^)笑

渡辺和也(東京国際)の日清退社理由は?プロフィールや彼女の存在も気になる!

↑東京国際大学が予選を勝ち抜いて戻ってきた!!と予選会で大喜びをしたのは私ですw

Sponsored Links

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。