日馬富士(はるまふじ)の嫁や子どもは?経歴やプロフィールを調べてみた!

この記事は3分で読めます

 

Sponsored Links

 

どうも~(^ω^)

最近、朝になるとベッドに猫2匹が潜り込んでいることが多い投稿主です。

いつ自分が布団の中に招き入れたのか全く記憶にないんですけど、器用に2匹が丸まって収まる様は本当に可愛くて・・・

朝からキュンキュンし通しです。

秋冬の寒さは苦手な部類ですが、この役得がある限りは乗り切れそうな気がしてますw

 

さて、気になったモノ・人について無節操に調べている当ブログ。

今回は日馬富士(はるまふじ)について調べてみようと思います。

 

この記事で私が調べるのはこの2点!!

①日馬富士の家族情報(お嫁さんや子ども)

②経歴やプロフィール

 

それではどうぞ、ご覧ください( ^ω^)

 

Sponsored Links

 

◆日馬富士のプロフィール

本名:ダワーニャミーン・ビャンバドルジ(Даваанямын Бямбадорж)

四股名:日馬富士 公平 (はるまふじ こうへい)/第70代横綱

愛称:ヒマ、アマ

生年月日:1984年4月14日 33歳

身長/体重:186㎝/137㎏

出身地:モンゴル国ウランバートル市

得意手:突っ張り、右四つ、寄り、押し出

 

今回調べるまで日本国籍の方だと思ってたけど、違うんですね~

『モンゴルと日本は顔立ちが似ている』みたいな話をきいたことがありますが、何か実例をみた感じw

どこできいた話なのか、記憶は曖昧(笑)

 

さて、そんなモンゴル出身の日馬富士が日本にくるきっかけはというと・・・

2007年に安治川(あじがわ)親方がモンゴルで開いた相撲大会でのスカウト!!

このとき、日馬富士のお父様が

「うちの子は泣いても帰らないから大丈夫です」

(https://ja.wikipedia.org/wiki/日馬富士より引用)

と親方に伝え、これを聴いた親方はスカウトを即決したというエピソードがあります。

お父様のプッシュがすごい・・・(^ω^)

それだけ、父子ともに日本大相撲にかける強い思いがあったということでしょうね~

 

スカウトを受け、安治川部屋(現:伊勢ヶ濱部屋/いせがはまべや)入門した日馬富士は2001年に安馬(あま)の四股名で初土俵を踏みます。

以降、目覚ましい活躍をみせた日馬富士の成績は下記の通りです。

成績
現在の番付 東横綱2
最高位 第70代横綱
生涯戦歴 827勝441敗73休(100場所)
幕内戦歴 712勝370敗73休(77場所)
優勝 幕内最高優勝9回
十両優勝1回
三段目優勝1回
序ノ口優勝1回
殊勲賞4回
敢闘賞1回
技能賞5回

(https://ja.wikipedia.org/wiki/日馬富士より引用)

 

◆横道(笑)

かるい気持ちで楽天で「日馬富士」を検索すると、けっこう関連商品がでてきてビックリ。

その中でも投稿主の目をひいたのはコチラ!!

こういうの販売されてるんですね~

 

◆日馬富士の家族情報

話を元に戻します(笑)

ここでは日馬富士の気になるプライベート部分の覗き見~( ^ω^)

日馬富士は2009年に結婚されており、3人のお子さん(娘2人、息子1人)のお父さんです。

(https://www.jiji.com/jc/d4?p=hmf910-jlp11530486&d=d4_spoより引用)

とっても素敵な写真ですね♪♪

奥様はおなじモンゴル人で3歳年下のムウフジャラガル・バトトールさん。

当時、奥様は留学生として岩手大学で国際文化を学んでいたとのこと。

 

どういう経緯で交際に至ったのか気になって調べたんですけど、詳しくは分かりませんでした。

唯一わかったことは「日馬富士のお母様が縁を取り持った」ということ。

お母様の真意は不明ですが、息子さんに早く身を固めて欲しかったんですかね?

◆まとめ

・日馬富士は2009年に結婚。現在、3児のお父さん

・奥様はモンゴル人女性。3歳年下

・安治川親方にスカウトされ、2001年に初土俵入り。

 

以上が日馬富士について調べた内容です。

お楽しみいただけたでしょうか?

 

こうやって調べたのも何かの縁。

日馬富士の今後について、何かあればまた追記したいと思います。

 

ということで、今日はここまで!!

最後まで読んでいただき、有難うございました♪

 

※関連記事

日馬富士(はるまふじ)は引退?逮捕の可能性も調べてみた!

おぉう・・・(゜w゜;)

 

Sponsored Links

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。