ホンダCMの俳優は誰?タカ(ワンオク)と共演する眼鏡の男性をチェック!

この記事は3分で読めます

 

Sponsored Links

 

「Go, Vantage Point.」

「見晴らしのいい場所へ」

このフレーズが印象に残るホンダ(HONDA)の

CMがお気に入りの投稿主です。

どうも~(^ω^)ノ

 

というかですね・・・

最近のホンダのCM、なんかこうオシャレで

カッコ良過ぎやしませんか!?

冒頭にもフレーズを書いてますが

「Go, Vantage Point.」のCMホンダフィットの

CMとかもぅ最の高!!

(・・・まぁ、出演男性が誰かわからなくて

調べたりしたコトもあったけどw)

※関連記事

ホンダCMの俳優は誰?「見晴らしのいい場所へ」と呟く男性が気になる!

ホンダフィットCMの俳優は誰?走っている出演男性がカッコいい!

 

そんなオシャレでカッコいいCMを

量産しているホンダさん。

今回また新しいCMを発表しましたーーー!!

しかも嬉しいことに「Go, Vantage Point.」

シリーズ!(^^)!

 

前作同様、ワンオク(ONE OK ROCK)の

ヴォーカルTAKAさんが引き続き出演をされて

いるんですけど今作ではもぅ1人新しい出演者

(俳優さん?)が登場します。

 

さて、前ふりが長くなりましたが

今回この記事ではTAKA(タカ)さんと共演する

眼鏡の男性について注目したいと思います。

 

TAKAさんと共演する眼鏡男性が

一体ダレなのか。

男性の名前やプロフィール等々調べた内容を

この先でまとめていくのでどうぞ最後まで

ご覧ください( ^ω^)

 

 

Sponsored Links

 

◆眼鏡男性について

 

アニメーター、映画監督として知られる

庵野秀明(あんの ひであき)さんでした!

 

あ・・・エヴァンゲリオンの人だ。

そして「風立ちぬ」の堀越次郎!!∑(゜□゜;)

名前はよく耳にしていたけど、こんな優しそうな

見た目の方だったんですね~

 

庵野さんのプロフィールはコチラ!

名前:庵野 秀明 (あんの ひであき)

別名義:あんの ひであき、アンノ ヒデアキ、

    空母そ・そ・そ・そ

生年月日:1960年5月22日 57歳

出身地:山口県宇部市

代表作:「トップをねらえ!」「ふしぎの海のナディア」

    「新世紀エヴァンゲリオン」

 

冒頭で「眼鏡男性」「眼鏡男性」と連呼してた

けど、すごい著名な方だった・・・(驚)

無知って怖いw

 

◆庵野さん出演CM

 

ONE OK ROCK×庵野秀明 「Go, Vantage Point.」 

 

世界には約8,000もの言語がある。

 

自分の外には自分の知らない感情が無数に

存在し、全く矛盾する幸福感をもつ人たちが

隣り合わせで生きていること。

 

私のラブは誰かの悲しみだったり

あっちとコッチが日々対立する。

ジレンマは現実である。

 

人間たちよ、出かけよう。

 

ここからその体と頭と心を連れ出して

見晴らしのいい場所まで行こう。

 

壁があるなら

壁の上に立って、しっかり向こう側を

想像してやろうじゃないか。

 

Go, Vantage Point.

自分をもっと、もっと連れ出すんだ。

見晴らしのいい場所へ・・・

 

改めて見直す(聴きなおす)と、確かに

「風立ちぬ」の堀越次郎ですね(^ω^)

↑まだ言うw

 

実は大好きな作品なんです。

金ローで放送されたときは録画したし、

DVDも買っている。

 

あと、このCM観て思ったんですけど

TAKAさんって歌うときと喋るときの声が

全然違いますね~

歌声はどっちかというと尖った感じなのに

喋ると柔らかくて優しい声色。

ギャップが素敵♥

 

◆まとめ

 

・ホンダ「Go, Vantage Point.」CMで

 TAKAさんと共演する男性はアニメーター、

 映画監督として活躍する庵野秀明(あんの ひであき)さん。

 

TAKAさんと共演している相手が誰なのか

分かってスッキリしました!

次、このCMを見かけたときは

「あ、堀越次郎・・・」

って思いながら観るコトになりそうですが(笑)

 

最後まで読んでいただき、有難うございます♪

 

※関連記事

ホンダCMの俳優は誰?「見晴らしのいい場所へ」と呟く男性が気になる!

ホンダフィットCMの俳優は誰?走っている出演男性がカッコいい!

 

Sponsored Links

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。