平慶翔(たいらけいしょう)の妻や子どもは?出身大学や経歴が気になる!

この記事は3分で読めます

 

Sponsored Links

 

仕事で疲れた身体にアイスがウマい(@▽@)!!

どうも、投稿主ですw

ブラックでサンダーのアイスが大好きで

近所のコンビニに寄っちゃあ買っています。

買う頻度がとても高いので、

「ブラックなサンダーのアイスしか買わない女」

みたいなあだ名がそろそろ付けられるんじゃないかと

勝手に思っていますw

 

まぁ、私の話はここまでにして本題に

移りましょう(^ω^)

 

平慶翔(たいら けいしょう)という男性が

東京都議選に出馬することで色々と

注目が集まっています。

というのも、この方のお姉さん・・・

な・ん・と!

サッカー日本代表の長友佑都選手と

結婚をした女優の平愛梨さんなんですよ~

 

「平愛梨の弟、東京都議選に出馬するんだ(@w@;)」

と驚きつつ、同時に平慶翔という方に色々と

興味が湧く投稿主。

 

ちなみに今、私が気になっているのは

平慶翔氏の出身大学や経歴

あと平さんの家族(妻や子どもについて)のこと~(^ω^)

 

と、いうことで興味が赴くままに

この4点を調べてみましたよw

①平慶翔さんのプロフィール

②学歴(出身大学)や経歴

③平さんの兄弟構成

④妻や子どもについて

 

それでは、どうぞご覧ください♪

 

選挙事務所開きで応援にかけつけた平愛梨さんと

平慶翔さん。

 

Sponsored Links

 

◆平慶翔氏のプロフィールや経歴

 

先ずはプロフィールから見ていきましょう♪

名前:平 慶翔 (たいら けいしょう)

生年月日:1987年8月6日 29歳

身長/体重:??㎝/非公開

出身地:兵庫県神戸市

出身大学:不明

 

え~っと、身長ですが調べていると

170㎝って書いているものもあれば

166㎝や160㎝と記載されているものもあり、

どうにもハッキリせず分かりませんでした(´・w・‘)

よって、「不明」です(苦笑)

 

また、出身大学についても

公表はされていないようでコチラも不明(泣)

ただ、中学のときに上京しているので

そう考えると大学は都内なのかなぁ~??

(THE・テキトーw)

 

今回の出馬で出身大学の情報が

あがってくる可能性はあるので

コチラに関しては、一旦保留にしたいと

思います。

分かり次第追記しますね~

 

続いて、経歴を簡単にまとめてみました☆

・中学2年生で東京に状況。(目的は芸能活動)

 中高、モデル兼俳優として活動。

 

・大学進学をきっかけに所属していた芸能事務所を退社。

 

・大学卒業後、東京都板橋区選出の衆議院議員

 下村博文会長の公設第一秘書を務める。

 

・2017年、東京都の小池百合子知事が起ち上げた

 「都民ファーストの会」より公認を受け東京都議選に出馬。

 

◆平氏の兄弟構成

 

平さんは6人兄弟の4番目とのこと。

兄弟全員の情報がわかれば、色々と楽しいかな。と

思ったんですけど全員分の情報を集めるコトが

できませんでした~orz

 

と、いうことで分かったことだけ

箇条書きにしてまとめております(^_^;)

 

・兄(名前は不明):ビバリーヒルズ在住の実業家兼モデル

・姉は女優の平愛梨(たいらあいり)さん。

・妹は女優の平祐奈(たいらゆうな)さん。

 

※平祐奈さん関連記事はコチラ

プラズマクラスターCMの女優は誰?佐藤二朗と共演する女性が可愛い!

 

そうそう。平さんのご両親ですが

お父様は不動産会社経営でお母様が税理士とのこと。

「けっこう裕福なご家庭で育ったのでは?」

と思わずにはいられない!!笑

 

◆平氏の妻や子どもについて

 

15歳のときに出会った方と7年間の交際を経て

結婚をされているそうです(>w<)

素敵~♪♪

また、お子さんについてですが

現在5歳と2歳の子どもがいるとのこと。

平さんは2児のパパなんですね~

 

◆まとめ

 

・平慶翔氏の出身大学は未公表のため不明。

 

・氏は6人兄弟の4番目

 

既婚。7年間の交際を経て結婚に至る。

 現在、2児のパパ。

 

平氏の東京都議選、どのような結果になるのか

今から楽しみですね~

福岡県民なので関係ないといえば

そうなんですけど、こうやって調べたのも

何かの縁。

東京都議選が終わるまでちょくちょく

様子を見てみようかな。と思います。(^ω^)

 

 

Sponsored Links

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。