きめつのやいば(鬼滅の刃ネタバレ)煉獄杏寿郎はどうなる?展開が気になる!

この記事は3分で読めます

 

Sponsored Links

 

※注意

この記事は鬼滅の刃(きめつのやいば)

単行本未収録の話を含みます。

要はネタバレです!!

 

やっとこさ、車の税金を納めた投稿主です。

普通車が好きなので自分の車は

大好きなんですけど、この時ばかりは

「あぁ~軽にすれば良かったかなぁ~(;・w・)」と

思いますw (税金の額的な意味でね・・・)

 

そんな私の話はおいといて結構久しぶりな

鬼滅の刃(きめつのやいば)の感想ー!!

これまで「開きっぱなしの瞳孔が怖い」

とか、「どこ見てるかわかんないw」とか

ネタキャラ的な感じで好きだった炎柱こと

煉獄杏寿郎(れんごく あんじゅろう)さん!!

 

ここ最近、彼のカッコよさがスゴイですよね。

今後の展開がすごく気になる!

気になるけど、未だ立ちっぱなしの

彼のフラグが怖い(泣)

 

ということで、最新話に触れつつ

煉獄さんメインでツラツラ、だらだらと

書いていきます(^3^)

 

 

これまでのイメージを壊すくらい衝撃的だった

煉獄さんスマイルw

普通に笑えるんですね・・・(失礼)

 

※鬼滅の刃(きめつのやいば)関連記事

きめつのやいば(64話ネタバレ)煉獄さんと上弦の戦いに決着?来週の展開も予想してみた!

きめつのやいば(鬼滅の刃)煉獄杏寿郎にフラグ?今後の展開を予想!

きめつのやいば(鬼滅の刃)胡蝶しのぶの笑顔の裏は?彼女の本心が見えた!

 

 

Sponsored Links

 

◆それでは始めますw

 

前回、書いたときの本誌は魘夢の術にハマって

一行はどうなる!?って感じでしたが

煉獄さん、素晴らしかったですねw

 

個人的にこの煉獄さんが面白すぎて好きです。

「うたた寝している間にこんな事態に

なっていようとは!!よもやよもやだ」

「柱として不甲斐なし!!穴があったら

入りたい!!」

 

「穴があったら入りたい」ってこんな

堂々と言うもんだったかな。と思わず

笑っちゃいましたよw

 

とはいえ、判断力の速さや指示の的確さ諸々

煉獄さんの有能っぷりが垣間見える回(60話)でした。

この話が収録されたコミックスが早く手元に

欲しいなぁ~

炭治郎・伊之助、それに善逸と禰豆子、

個々の活躍もカッコ良かったしすごく好きな回です。♪

 

この善逸とかね~(^ω^)

まぁ寝てるんですけど(笑)

 

◆魘夢戦がひと段落したよ。

 

お腹を負傷した炭治郎に呼吸の方法を

教えてくれる煉獄さんは本当に面倒見が

良いなぁと思いました(語彙力死んでる)

 

 

さぁ、これでひと段落と思いきや

なんかいきなり上弦の鬼が登場する急展開w

しかも、この鬼なんかすっごい煉獄さんのこと

勧誘してる(゜m゜;)

ちなみにこの時、同じ場にいる炭治郎(負傷中)は

out of 眼中です。

 

そして即答する煉獄さんw

「初対面だが俺は既に君のことが嫌いだ」

とか言っちゃうしね(^p^)

実に素直だ・・・(笑)

 

「人間は老いるし、死ぬし強くなれない。

そんな残念すぎる人間なんかより

鬼になろうぜ(・w<)

そしたら、ずぅーっと鍛え続けることが

できるし永遠に強くもなれるヨ!!」

 

みたいな自論を述べる上弦の鬼に対して

(本編はちゃんと真面目に話してます。)

 

「老いる事も死ぬ事も人間という儚い

生き物の美しさだ

老いるからこそ 死ぬからこそ

堪らなく愛おしく尊いのだ

強さというものは肉体に対してのみ

使う言葉ではない。」

 

と返す煉獄さん、本当にかっこいい。

 

どうでもいいけど、この鬼

某ゲームに登場する人修羅みたいだw

単に模様(?)がソレっぽいだけという理由。

 

◆まとめ

 

まとめるようなコト書いてないけど

とりあえず、前回投稿した記事から今回までの間に

思っていたことはこんな感じです。

 

いつもながら、中身ないしヒドイもんですねw

 

人間の尊さを説き、戦う煉獄さんの株が

上がり過ぎてとどまることを知らない

投稿主としては、この戦いで煉獄さんが死なないコトを

祈るばかりです。

最悪、大怪我負って一時戦線離脱とかでもいいと

思っている(苦笑)

 

※鬼滅の刃(きめつのやいば)関連記事

きめつのやいば(64話ネタバレ)煉獄さんと上弦の戦いに決着?来週の展開も予想してみた!

きめつのやいば(鬼滅の刃)煉獄杏寿郎にフラグ?今後の展開を予想!

きめつのやいば(鬼滅の刃)胡蝶しのぶの笑顔の裏は?彼女の本心が見えた!

 

Sponsored Links

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。