神道の香典はいくら包む?相場の金額やマナーをチェック!!

この記事は3分で読めます

 

スポンサーリンク

 

前にもちょっと書いたんですけど

 

私の仕事って葬儀関係なんですよ。

 

そんな今の環境だと

 

これまで考えたこともないことに

 

疑問をもつわけです。

 

今日ふっと疑問に思ったのが

 

神道の葬儀って香典の相場はいくらなんだろ?

 

ということ(・・;)

 

宗派によって相場があるのか、ないのか・・・

 

後学のためにも

 

神道の場合の香典相場、基本のマナー

 

調べてみました~

 

mizubiki

 

こう見ると見た目から全然違いますね 😯

 

スポンサーリンク

◆神道の香典相場について

 

まず、この宗派だったら

 

相場は○○○円!!っていう設定はないみたい。

 

調べた感じ「これが正解!!」というものは

 

なかったように思います。

 

故人との付き合いの深さや、贈り主の年齢や立場によって

 

変わってくる。ということですね

 

とりあえず、香典の目安的なものは

 

あったほうが困らないのでまとめてみました。

 

両親が亡くなった場合→ 30000円~100000円
兄弟・姉妹が亡くなった場合→30000円~50000円
祖父母が亡くなった場合→ 10000円~50000円
親戚が亡くなった場合→10000円~30000円
仲人が亡くなった場合→10000円~
友人・知人が亡くなった場合→3000円~
隣近所が亡くなった場合→ 3000円~10000円
勤務先の上司が亡くなった場合→5000円~
勤務先の上司の家族が亡くなった場合→3000円~
勤務先の社員や同僚が亡くなった場合→ 5000円~
勤務先の社員や同僚の家族が亡くなった場合→ 3000円~

 

死や苦を連想させる数字として(四、九)がつく金額は避けるのが一般的

 

3千円、5千円、1万円、2万円、3万円、5万円、10万円など

 

キリの良い金額にしましょう。

 

◆香典に関するマナー

 

・香典の書き方

 

神道の場合、香典の表書きには

 

「御神前」、「御玉串料」、または「御榊料」

 

書きます。

 

その他にも「御霊前」と書いても問題はないみたい。

 

(「御霊前」は宗教問わず使えるとされています。

 

相手の宗派がわからない場合は「御霊前」と書きましょう!)

 

香典袋にもいろいろな種類がありますが、

 

神式では無地の熨斗袋に白黒

 

または双白もしくは双銀の水引のものを使います。

 

ここで1つ注意点!

 

蓮の絵が付いているものは

 

仏教専用のものなので絶対に使わないように徹底すること!

 

あとは下段には会葬者のフルネームを書けばOK。

 

表書きを書くときの筆ペンは薄墨を準備しましょう。

 

白墨は悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを

 

表わすとされています。

 

・香典の中包みの書き方

 

中包みに金額を書く場合、難しい漢字を使うのが慣例です。

 

理由としては「一」「二」などの文字は後で線を書き加えるだけで

 

簡単に数字の改ざんができてしまうためです(・・;)

 

例:一→壱、二→弐、三→参、五→伍、十→拾

 

中袋に文字を書く場合は薄墨ではなく

 

黒インクのペンやの筆ペンで書くこと!

 

・お金の入れ方

 

以下3ポイントに注意すればOKです♪

 

①お金の向きを揃える

 

②新札は使わない

 

③お金を中袋に入れたら、外包みで包む

 

◆まとめ

 

こういうマナーって

 

自分が行くことになったとき初めて

 

意識するんですよね~

 

直近のテスト勉強よろしくマナーを調べたり、

 

相場を調べたり・・・(^_^;;)

 

今日、調べたことが今後の役に立てばいいなぁ(笑)

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。