キリスト教葬儀のお悔やみの言葉とは?仏教との違いを調べてみた!

この記事は2分で読めます

 

スポンサーリンク

 

お悔やみの言葉というと

 

「ご愁傷様でございます。」という言葉がぱっと思いつきますが

 

この言葉、キリスト教葬儀だと使うのはNGなんです!!

 

キリスト教では使えないけど、仏教では使えるこの言葉・・・

 

なにが違うのか考える機会があったので、仏教の考えと比べながら

 

紹介したいと思います(*^_^*)

 

 

 

◆仏教の葬儀でお悔やみの言葉がある理由

 

キリスト教と仏教では死に対する受け止め方・考え方が

 

違うというのが大きな理由になるみたいです。

 

仏教だと人の死は「人生の終焉」という考え方が主流となっており、

 

故人の遺族は、故人との最後の別れを惜しみ、悲しむもの。

 

そのため、葬儀に出席する方たちは記事冒頭にもあるように

 

遺族に対してお悔やみの言葉をかけ慰めます。

 

◆キリスト教葬儀でお悔やみの言葉がない理由

 

キリスト教では「人の死」を「人生の終焉」ととらえていません。

 

「死」は地上での罪を許され、神様によって天に召されることを意味するため、

 

祝福されるべきことなんだとか。

 

だから、キリスト教葬儀ではお悔やみの言葉というものは

 

必要ないんですね~

 

◆キリスト教葬儀のお悔やみの言葉

 

お悔やみごとではないとはいえ、最愛の家族や伴侶が亡くなったことは

 

悲しいことに変わりないはず。

 

なので、実際にキリスト教葬儀に参列した場合は

 

「安らかな眠りをお祈りいたします。」

 

「天に召された***さまの平安をお祈りいたします。」

 

「寂しくなると思いますが、神様の平安がありますように。」

 

といった慰めの言葉をかけるのが良いのではないかな。と思います。

 

◆まとめ

 

宗教によって「人の死」に対する捉え方・考え方は

 

まったく違うものなんだなぁと改めて勉強になりました。

 

私は葬儀に関する職種についているため

 

(まだまだ半人前にもなっていない勉強中のみですが・・・(~_~;))

 

今まで考えたこともなかった!!ということがよくあります。

 

そういったことを意識し、学ぶ機会に恵まれている事に

 

日々感謝、感謝です。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。