ホクサイと飯さえあれば(ドラマ)の主演は誰?あらすじやキャストをチェック!

この記事は3分で読めます

 

Sponsored Links

 

今日も1日寒かったですね~(^_^;)

 

ずっとコタツに入って過ごしてましたよ(笑)

 

しかも、持病(?)のアレルギー性鼻炎はひどいし

 

散々だった・・・orz

 

鼻の下がヒリヒリするよ(^_^;)

 

そうそう。この時期になると

 

来春から始まるドラマをチェックするんですよね~

 

「突然ですが、明日結婚します」や「嘘の戦争」など

 

いろいろ興味を惹かれるものはあったんですが

 

そんな中でも特に気になったものが

 

「ホクサイと飯さえあれば」です!!

 

そんなタイトルの漫画があったなぁ~というところからの興味(^ω^)

 

主演は誰なのか?

 

あらすじやその他キャストさんなど

 

気になる事を早速チェックです(^ω^)ノ

 

hokusai

 

例のごとく、見覚えあるけど誰だっけ?状態ww

 

Sponsored Links

◆「ホクサイと飯さえあれば」の原作って?

 

もともとは「ホクサイと飯」がもとの

 

インドア系ご馳走漫画とのこと。

 

これだけ見ると

 

なんじゃそら(・・;)

 

って感じですよね~

 

「ホクサイと飯」は読めなかったけど

 

「ホクサイと飯さえあれば」のお試し版読んで納得。

 

主人公 すっごく食べる事が好きなんだろうなぁ~

 

っていうのがビシバシッと伝わってきます(笑)

 

食事(食べるのも作るのも)に対して

 

すっごい全力投球な主人公ブンがこちら↓↓

 

hokusai1

 

主人公(ブン)が抱えているのがホクサイです(^ω^)

 

ネタバレは避けたいので、漫画の概要(最高に大雑把)はここまで~(笑)

 

◆主演(ブン)はだれでしょう(^ω^)?

 

冒頭でも画像で触れてますが

 

見覚えはあるけど、わかんないぜ。っていう状態の投稿主です(笑)

 

調べてみたところ、お名前判明!!

 

・・・上白石萌音(かみしらいし もね)さん!!∑(゜w_゜>)

 

 

「君の名は。」の三葉のナカの人や!

 

ついでに言うと、RADWIMPSの「なんでもないや」のカバー

 

あれ最高に好きです(いま、関係ないw)

 

歌ってる姿ばかり印象に残ってて忘れてたけど

 

女優さんだったなぁ~と今さら思った私です(^_^;)

 

◆その他キャストさん~♪

 

ホクサイ

おしゃべりなぬいぐるみ。口癖は「ござる」

ブンが愛するぬいぐるみで相棒。

声優さんは未発表でした(^_^;)

 

hokusai2

画像右:主人公・山田文子(ブン)と同じ大学に通うコミュ力高い女子大生

有川絢子(通称:ジュン)

キャスト:池田エライザ

 

池田エライザさんって「自撮りの神」として

 

最近話題のモデルさんですよね(^ω^)

 

上白石 萌音さんとはまた違う可愛らしさ♪♪

 

二人が揃うとなんだか華やかですね~

 

 

◆そういえば、あらすじは・・・?

 

ドラマのあらすじのこと、すっかり忘れてた~(>_<)

 

あらすじはこんな感じです!!

 

大学進学のため、地方から上京してきた女子大生の山田文子、通称は「ブン」。

 

新居(東京・北千住)にてブンは喋るぬいぐるみのホクサイを抱きしめて新生活を始める。

 

引越しの際に炊飯器が届かなければ空き缶でご飯を炊くなど創意工夫で美味しいご馳走を作るブン。

 

東京での大学生活でトラブルがあっても、お金がなくてもブンはホクサイと共に創意工夫に富んだ自炊ライフを楽しんでいく。

 

なんとなくですけど、中盤で怒涛の展開が!?

 

みたいなことは一切なく、終始ほんわかハートフルな感じのドラマなんでしょうね(^ω^)

 

癒しの時間は必要なので

 

来季視聴ドラマの候補リストに入れておこう(笑)

 

◆まとめ

 

・「ホクサイと飯さえあれば」の主演は上白石 萌音(かみしらいし もね)さん

※なんと上白石さん 今回が初主演とのこと!

 

・主人公の友人役は池田エライザさん、ホクサイの声優キャストは未定w

 

なんでホクサイが喋るのかはわかりませんが

 

原作のホクサイとブンのやり取りはとても可愛く感じました(^ω^)

 

上白石さんがどんな風にブンを演じて、ホクサイとやり取りを

 

していくのか・・・

 

ちょっと楽しみな投稿主ですww

 

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。